1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンプ入れ替え顛末

仕事でバタバタしてたのに、無謀にもAV関係を入れ替えたりしてました(苦笑)、大晦日の今日もセッティング変更やってるという案配です。
2週間ほど前に日本橋の某店にて中古のAVアンプとセンタースピーカーを買い込み、一度セットアップしてみました。
しかしこのAVアンプのセンターチャンネルに問題発生、TVを付けるとハム音が出て使い物になりません。お店に連絡すると快く交換に応じて頂けました・・・・・お店のチェックでは問題は無かったそうなので、σ(^^)のTVの問題なんでしょうね、感謝です逸品館様。
さて交換先ですが、今度は安物新品のmarantz PS4500と言うアンプにしました。別に7.1chなどは必要とはしませんが、この価格でバイアンプ駆動まで出来ると言う事で決めた。
どのみち5年後にTV放送がデジタルに変わるのだから、その時に映像の繋ぎ込み方が変わる、上級機買うのはその時まで我慢です。
早速セッティングして音出しをしたら・・・・・旧アンプと概ね似たような音色で若干解像度が上がった様に感じました。
心配した干渉なども無くまずは祝着祝着。
DVDソフトをDigital Cowboyで出力させると、あらま!こんな音場感になるのね!、いきなり後ろでドアが開いて振り向いてしまった(爆)。
そこで今度はLDを再生して見たら・・・・・??????
前のアンプの方がまだましって音場感しか得られません?
調べると、AC-3RF出力に繋がないとダメとの事、しかしアンプの取説にはRFデモジュレーターを繋がないとダメって記載が有り・・・・・結局このままでは前のアンプと変わらない事が判明した(泣)。
元々のLDプレーヤーはCLD-100と言う普及機でAC-3RF出力を持たないプレーヤー、アンプもデジタルには無縁のアナログアンプでしたから、この辺なんの疑問も今まで持ってなかったのが真相です(^^;。
このLDプレーヤーが故障していたので、CLD-HF9Gと言う機械を入手してLD環境を復活させたってのに、持ってる力を発揮させられないのは実に惜しい気がしました。
慌ててこのRFデモジュレータを探すと、既に数年前に製造中止でヤフオクなどにも出回っていません(泣)。
更に調べるとこの機能を搭載したAVアンプも存在するが・・・・とても手を出せる金額では有りません。
中古を調べると・・・・なんとσ(^^)が買ったお店にYAMAHAの
DSP-A2と言う対応アンプがσ(^^)が買ったPS4500より安い値段で有った(^^;。
やはり情報はしっかり下調べしとかないと(反省)。

仕方ないので、その後も情報を探っていると、RFデモジュレーターはもう殆ど市場ではなく、中古も出てこないらしい事が判明、LDはおとなしく擬似サラウンドで諦めるか?若しくはRF入力の有る中古アンプをデモジュレーター代用とするかの選択しかないと・・・・・・思った瞬間に思わぬ展開。
SONYのアンプ技術者が公開しているAVセッティング関連のホームページにブチ当たり、その技術者が自ら設計したデジタルサラウンドデコーダー SDP-EP9ES を使用しているとの記述を見つけた。
SDP-EP9ESの仕様を調べると、サラウンドプリアンプみたいなもので、入力はデジタルとAC-3RF及びアナログのバイパス扱い5.1ch入力のみ。
出力は光デジタルと5.1chアナログなので、RF入力を光デジタル出力出来る筈である・・・・・・ダメでも5.1chアナログが有るので、いざとなれば7.1ch入力に繋ぎ込めばOKの筈?。
ダメもとでヤフオクを調べると・・・・なんと有った(^^)/。
早速応札して無事落札、問題は出品者が一寸ばかし怪しい雰囲気があるのと、動作チェックされていない点です。
果たして天国となるのか地獄となるのか?

0007


結果は天国(^^;、上の写真の様に・・この方が有る意味正解かも知れません。何故なら、今後アンプを交換する際にAC-3RF入力付きでなきゃダメって制限を受けずに済むからです。
AC-3RF入力付きってアンプが今後も出る保証など無く、有っても手など出せよう筈もない高級品ばかりでしょう。
YAMAHAのDSP-A2みたいに6年以上前の高級品って案配の選択しか無くなるのはやはりしんどいですもの。


スポンサーサイト

我ながら・・・・堪え性の無い

昨日買ったメディアプレーヤー・・・・・やっぱりそのままHDDを内蔵させるのには閉口してしまい、強引にも(無茶苦茶不細工だが)リムーバブルケースと合体させた。
本体のHDDプラスティックマウンタを何とか外して確認したが、やはりIDEケーブルは基盤に直付けで長さは7cmも無い。
メディアプレーヤーの蓋をずらせてケーブルを引き出し、リムーバブルケースのフレームに接続するのがギリギリ状態で、かなりケーブルにテンションが掛かっている(笑)。
その接続しただけの状態が下の写真。
0005.jpg


女子体操の段違い平行棒の様な案配になってます。
こんな状態なので設置するには、メディアプレーヤーを倒立位置にして、リムーバブルカセットは上方へ引き出すと言う方式しか使えない。
0006.jpg

上の写真は仮セッティングしたときの模様、AVラックのフレームとアンプの間に挟み込んで転倒防止、段違いになってるカセットフレームの下にスペーサーを挟み込んで重量がケーブルに掛からないようにしました。又一応両者がずれないように、ブチルゴムで仮接着させています。
本来なら基盤毎外しての本格改造が良いのですが、面倒がりやの私はもう改造は終わったも同然か?(^^;。
まぁそれはなんぼなんでもなので、左側のリムーバブルカセットフレームをキチンと重量受けしてくれるカバーだけは造らないといけないですね(^^ゞ。
尤も何時になるのかは?????ですが。

使い方は無茶苦茶簡単、接続して1分程設定したら問題なく使えました。
但しLAN接続はチョイと考え物、LAN内はゲストアカウントを排除してるので今更変更するのも嫌、なので当面LAN接続は考えない事にした。
HDDカートリッジを4個ほど交換してみたが、全く問題なく認識する。
ダブルレイヤーの物件ファイル約8G超のISOファイルも難なくOK。
音楽ファイルは・・・・・・MP3の限界なんですかね?、正直がっかりしました。
ムービータンク2には前面に液晶が付いていて、音楽ファイルの検索などでは威力を発揮しそうなのがチョイと羨ましかったのですが、此でキッパリ吹っ切れます。
後はデジタル対応アンプをその内に買わないと,何せ家のシステムは16年ほど前の骨董品(^^;

AVアンプ KENWOOD KAV-7000
CD    Pioneer PD-T07
FSP    Victor SX-500
SSP    BOSE 101-italiano

LDが壊れてるから・・・・・こっちが先か?
今年はHDDの増設でお小遣いを使い果たしたので、来年はこの辺の増強に手を廻そう(^^)/



やはり買ってしまった

前回の記事に書いたが、ネットワーク兼用メディアプレーヤーのDigital Cowboyを買ってきた。
実は先日この機種には新型が出て、LAN経由でHDD内部へ直接データを書き込むと言うNASの様な使い方が出来るようになったのだが、その実質的な速度が10BASEクラスだとの事である。
既に主要マシン間はギガビット化されている私にとってこの速度は許し難い(苦笑)。
従って敢えて旧機種を買い込んで来た。
下の写真がパッケージの外観で、次が中に入っていた付属品である。
一応プレーヤーらしく接続ケーブル類も揃っている、左端からオーディオ&ビデオケーブル、2番目がUSBケーブル、以下電源コード、電源アダプタ、リモコン、スタンドである。
0001.jpg

0002.jpg


本体の外観写真と、内部の写真である。
本体側面のビス4本を外し、下へスライドさせて蓋を開ける。HDD装着は内部のプラスチックベースに置くだけでネジ留めは無い、蓋の裏側にスポンジがあり此で支えるようである。
不思議なのはマニュアルにも記載のないHDD用のネジも一応入っていた事(笑)、プラスチックベースの下側にそれらしき穴が空いているので、心配性な奴は下からネジ留めせよと事か?、この辺は一切不明である。
0003.jpg

0004.jpg


さて此処から問題なのだが、予想通りIDEケーブルの長さが短すぎるので、何をするにも此が交換可能なのか?であるが、HDDマウント用プラスチックベースで隠れて良く見えない、固定しているプラスネジを外そうにも、細いチューブの底で固定されているので私のプラスドライバでは太すぎて入らない。
と言うことで改造は今後の課題とする(爆)。



カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。