1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超古典落語の会 一応区切り

過去に2度程予定が合うて聴きに行った「超古典落語会」、先週土曜日が取り敢えずの最終会と言うことで行ってきました。

元の噺が完全に残っているって案配では無く、ホンの些細な小咄等を色々肉付けしたって言う・・・古典の殻を被った新作落語って案配です。

桂 阿か枝   「お供狐」
        随筆 萬意草 (1800年代頃成立)より  くまざわあかね脚色   

林家 花丸   「うぬぼれ屋」
        列々波奈志 より  小佐田定雄脚色

桂 梅団治   「洗濯屋裁判」
        松田弥助 作    荻田清脚色

桂 九雀    「いいわけ藤兵衛」
        面白し花の初笑い より 小佐田定雄脚色

 中入り後は作者と演者との座談会

阿か枝くんの「お供狐」・・・暇を持て余し・・・訪れた客人を帰さないと言う迷惑千万な隠居さんへ届け物が出来た。
働き盛りの御店者を使いにやらすと店の痛手なので大旦那さん自ら使いに出ることに・・・
しかし何故か丁稚の「さだ吉」が付いてくるが・・・・

非常に面白い噺に仕上がっていて・・・以降阿か枝くん方々でやらかすんちゃうやろか?(笑)。
しかし阿か枝君・・・タイトルを「おそなえきつね」って理解しとったそうな(爆)。

花丸さんの「うぬぼれ屋」、実は超有名な古典落語「寝床」の後日談って筋書き。
ますます浄瑠璃に嵌り込んだ旦さん・・・迷惑千万の町内・店者がお師匠さんを訪れて旦さんの稽古を止めるように説得する。
何とか納得したお師匠さんがそれとなく旦さんに意を含めるように話をするが・・・旦さんはすっかり話を取り違え・・・・

下げを有る意味強引に付けるってのが少しばかり気がかりな点ですが、元話を大半の人が知っているだけに受けやすいですね(^^ゞ。

梅団治さんの「洗濯屋裁判」、なんと奉行所から ノミ・シラミ・蚊などに差し紙が届き・・・お白州で評定が有るという(爆)
全く落語かアニメでしか描けませんねこんな馬鹿話(^^;。

尤も中身が本物の評定って設定な為に笑いどころが少なくなるのは仕方ないところ。
但し梅団治さん方々で既に上演予定を組んでいるそうで、どの様にネタを練り上げていくのか?有る意味楽しみです。

九雀さんの「いいわけ藤兵衛」、年末の定番噺である「掛取り」と同種の噺・・・前回での「おろち山」が「夏の医者」と同類ってのと同趣向。
「掛取り」では亭主が一人一人にそれぞれ対応し・・・半分丸め込まれた商人は帰ってしまうのだが・・・
「いいわけ藤兵衛」では言い訳が通用せず・・・商人がドンドン部屋に溜まっていく(爆)。

今回梅団治さんの実子である小梅君が前座として  「明礬丁稚」 と言う短くて古い話を演じた・・・が、
う~む趣味の「鉄」では息子が上って力関係がいかんのか・・・入門1年とは思えない程所作・言葉遣いがボロボロ(^^;。
米二さんが二葉ちゃんらの仕込みに相当苦労してるって話からみれば別物って案配やろか?。
なおネタは「みょうばんでっち」、井戸の水質が悪くなったので丁稚に「ミョウバン」を薬屋に買いに行かせるが・・・

座談会に入ったら・・・会場が嫌にスッキリしている(^^;、何と静岡からの観光バス団体客が落語だけで帰ったそうな(^^;。
しかしこんなコアな落語会を団体旅行に組み込むってのは・・・企画者の頭の中覗いて見たい(^_^;)\(-_-;)。

座談会ではネタ出しでは阿か枝君の演目が「いちょう娘」やったのに何故変更になったのかを突っ込まれたあかねさん、
仕返しに「おそなえきつね」と理解してた阿か枝君を俎上に乗せるが・・・ネタ渡された時には「御供狐」と漢字やった・・・
ご自分の名前が「ひらがな」なのになんでや!って逆ギレしてました(爆)。

一応5回やって元ネタが尽きたので暫く充電するって事で一旦この会は「第一期」として閉幕するとのこと。
小佐田さん、今までで披露したネタ20本で評判の良さげなのを集めたベストセレクション落語会を開催する気満々です(^^ゞ。


今までの演目は

第一回  21年9月12日

桂 ちょうば   「権助茶代」
桂 九雀     「どぜう丁稚」
林家 花丸    「初音の鼓」
桂 九雀     「公家大根」

第二回  22年4月17日

桂 阿か枝    「百人一首」
桂 花丸     「くさめ茶屋」
桂 九雀     「これこれ博打」
桂 雀松     「指仙人」

第三回  22年12月11日

桂 ちょうば   「蚊帳の殿様」
林家 染左    「十二月十四日」
桂 阿か枝    「耳じがじが」
桂 九雀     「かみかくし」

第四回  23年6月25日

桂 ちょうば   「念仏小僧」
桂 花丸     「ひやかし帰り」
笑福亭 三喬   「七福神」
桂 九雀     「おろち山」


more...

スポンサーサイト

【theme : 落語
【genre : お笑い

tag : 古典落語

上方落語をきく会

昨夜の ABC創立60周年記念 ABCラジオ 上方落語をきく会 3日目へ行って参りました。

会場に着いた時点で開演まで5分と慌ただしい案配でしたが・・・会場は既に満員、早々にチケット売り切れたと言うのも頷けます。
さて私の座ったのは最前列(^^;、通常の固定椅子席の前に4列も可動椅子席を設定しているため、舞台まで1メートルちょっと。

6時30分開演でお囃子にのって出てきたのが

林家笑丸  「看板の一」

本放送には使われず後日「日曜落語なみはや亭」にて放送されるらしい。
ちょいとばかりリキ入っちゃったか?上滑り気味、笑丸ちゃんの良さ半分も出てなかったかな。
昨夜司会の三代澤アナに「しょうまる」って間違われたのを逆手に取って、地方巡業で名前を間違われるってマクラ振ってました(^^ゞ。

終わって7時まで約10分、ここで三代澤アナと桑原征平さんが出てきてオンエアまでの時間繋ぎ(^^;。
ここで征平さん大暴走モード突入し・・・からかわれた吉弥はんも飛び出してくる(爆)。
しかし米朝師匠と随分長く仕事してた征平さんが殆ど落語を聴いたこと無いってのもちょっとビックリ。
なお会場にはラジオのCMなどが流れ、生中継ってのを意識させるようになってます。

さて7時になってオンエア開始、冒頭での三代澤アナの「朝日放送創立60周年記念~~」ってのは録音・・・CM中はまたまた雑談。

トップバッターは
桂吉弥   「東の旅発端~煮売屋」

米朝門下で最初に覚えるネタ、一門のDNA案配なんでしょうか音源で持ってる吉朝さんのとほぼ同じです。
但し小拍子の音が会場ではあまり響きません・・・やはり広い場所では聞こえないもんなんですね。(放送ではしっかりと音を拾ってます)
しかし久々やったんでしょうな、この辺で吉弥はん汗びっしょりでんがな。
煮売屋では犬が食材を持ち逃げしたってのをすっ飛ばして・・・オチも無しに、扇子を笠に見立てて高座から逃げるって終わり方。
会場に着く前に吉朝さんの「東の旅発端~煮売屋」をipodで聴いてましたんで・・・師匠は偉大なりを再確認、イケズ・・・(^_^;)\(-_-;)。

二番手は
桂文三   「七度狐」

吉弥はんの下がり方を受けて・・・扇子を広げて逃げてきたって上がり方・・・しかし名前だけは言わせてって(爆)。
まだ つく枝 時代にこの噺聴いてますが・・・やっぱり文三はんの喜六は面白い(^^ゞ・・・ほんまマンマに見えるって。

終わってCM、この間舞台では三代澤、桑原両司会が出て来てまたまた雑談・・・
CM明けて吉弥・文三での芸談って事になってますが・・・時間なさ過ぎ(^^;。
後半の説明を三代澤アナがしたんですが・・・お伊勢さんからの帰りの場面になりますって??。

モタレは
笑福亭生喬 「浮かれの尼買い」

笑福亭松喬さんの代演で、本来は松喬・染丸で「三十石」をリレーで演じる筈やったのを生喬はんが出来ないので演目替えたと??
実は2年前のお盆に桂文我さんが企画した「東西南北上方落語旅ネタ大集合」ってとんでもない落語会で生喬さん三十石の真ん中を演じてはります。
恐らくは染丸師匠への配慮って案配なんでしょう。
で、プログラムそのものには演目が「三人旅」ってなってましたが演目は「浮かれの尼買い」、帰り道じゃなくて行きの殆どラストって力説。

トリはもちろん
林家染丸  「三十石夢の通道」

染丸師匠の三十石は何遍目かしら?、熱演でしたが・・・途中で愛染ちゃんに歌わすのは反則技やね(^^;。

終わって色々とお話も・・・やっぱり征平さん爆走(笑)・・・・いやいや破天荒な落語会でした。
しかし三代澤さん落語家の名前間違うわ演目説明間違うわ・・・・落研出身やのにあかんがな(爆)。


三味線  内海英華
お囃子  林家うさぎ
     笑福亭喬若
お茶子  青木裕美


more...

【theme : 落語
【genre : お笑い

tag : 落語

再放送終了

NHKのBS-hiで今春から再放送されていた連続テレビ小説「ちりとてちん」がこの19日深夜の放送で最終回となった。
まぁ次週26日深夜には・・「まいご3兄弟」が放送されるのだが、本編は一応終わりである。

見終わっての感想は・・・やはり今まで見てきた中で最強!(爆)。

確かに若狭が落語家を引退するのは・・・少し違うのじゃ無いか?的な疑問が湧くのだが、本放送終了時にも書いた様に、「不器用な若狭」が落語家・女将さん・お母ちゃんを全部こなせるのか?って疑問も当然有るはずで(^^;、一つの現実的な回答なのかも知れない。
又、伝統の継承と言う大きなテーマに対し、直接受け継ぐだけが継承では無いとのメッセージでもあると思います。
即ちおじいちゃんの箸においては、秀臣さんは「全否定した」と述べて居た訳ですが・・・実際は出来る限りのサポートを行って居た訳で、若狭が落語においてその道を進む事になったと理解すればええのでは無いかとも思います。

何れにしても、大阪と小浜の出来事は互いにシンクロし表裏一体・メビウスの帯って案配で進行するドラマであり、よくぞこんなドラマを書き上げたな!って改めて藤本有紀さんに感謝を述べたいです。

まぁ脚本だけじゃ無く、役者やディレクター・カメラ・大小道具・・・などなど関係者全員のファインプレーなんでしょうが。

さてさて、録画してきた物件の1/3は既にHDPVRにてデータ転換を終えてH340へ転送終了したのだが・・・
それを視聴しているLT-H91DTVは妙な案配だが・・・「同一フォルダ中の別ファイルもそのまま連続再生する」って動作になっている。
この機能を逆手に取ってやれば・・・・第150回分再生完了 → 森本アナ「明日の最終回もお楽しみに!」 → 最終話再生 って動作も簡単に構築可能かな(^_^;)\(-_-;)。

しかし・・・再放送終了直前になって・・・NHKの公式ページに掲示板が復活。
放送終了後2年も経過して・・・今になってやっとオンデマンド開始。
再来年の大河に藤本さん起用。

何かやらかすのかな?(爆)。

いずれにしても・・・・

半年間の再放送ありがとう(^^)/

【theme : ちりとてちん
【genre : テレビ・ラジオ

tag : ちりとてちん

待望が二つ

ちりとてちんの再放送も・・・本放送では年明け最大の山場に差し掛かって居る訳ですが、
なまじっかストーリー知ってるだけに・・・今週は見るのが少し怖い(^_^;)\(-_-;)。

そんな心境の折り、とてつもないBIGニュースが飛び込んできた。

2012年の大河ドラマが・・・「平清盛」に決まったと発表が有ったが・・・
脚本を見ると・・・ちりとてちんの藤本有紀さん(^^)/。

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/55763.html

いゃ~~~目出度い目出度い(^^ゞ。
丁度2012年はちりとてちん本放送の時と同じ曜日廻りなので・・・
ついでに毎日放送って案配の再放送しないかな?(^^;。


それから・・・永らく連載休止していた・・・少年マガジンの「修羅の門」。
遂に13年振りの復活連載開始になるそうです。

<修羅の門>3000万部の人気格闘マンガ 13年ぶり連載再開へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100804-00000012-mantan-ent

伝説の格闘技流派を継承した少年が世界最強を証明するために戦うマンガ「修羅の門」が、10月6日発売の「月刊少年マガジン」11月号(講談社)から13年ぶりに連載を再開することが4日、明らかになった。タイトル名は「修羅の門 第弐門」となる。


これも本当に嬉しいです・・・この漫画本当に好きなモノで(^^ゞ。
丁度先日から陸奥圓名流外伝「修羅の刻」のDVDを見直してたです・・・?(^^ゞ。

【theme : ちりとてちん
【genre : テレビ・ラジオ

tag : ちりとてちん 藤本有紀 修羅の門

何が目的になったものか?(^^;

和歌山の花山温泉で開催された落語会に行く!を名目に・・・和歌山まで行ってきました。

まぁ落語だけってのもなんなんですので・・・すっかり有名になった駅長さんが居る電車に乗ってきました(^^;。
本当は朝6時29分新大阪発の快速に乗りたかったところですが・・・前日のワールドカップ中継で飲み過ぎ(爆)、
すっかり寝坊してしまいました(^^;。

結局それでも9時6分京橋発の紀州路快速に乗り込んで和歌山に出発、2007年に青春18きっぷ使ってやってきた以来です。

和歌山電鉄は9番線からなのだが・・・一度東口に出てみる。
改札で和歌山電鉄に乗ると申し出れば・・・きっぷ無し状態で入場させて貰える(^^;。
9番線で一日乗車券を購入・・・650円也。
切符はスクラッチカードみたいなもので、有効年月日を削り落として使用する。
貴志駅までの単純往復よりも若干安いって案配。

10:50発の普通の電車で出発・・・二つ先の日前宮で「たま電車」と列車交換。
伊太祁曽で今度は「いちご電車」と列車交換、この日はもう一編成の「おもちゃ電車」はお休み(^^;。
s_IMG_1059.jpg
s_IMG_1060.jpg
s_IMG_1061.jpg
s_IMG_1063.jpg


ここで途中下車して・・・・駅で「たま駅長グッズ」を購入(^^;。
この駅付近を熊野古道が通っています。
s_IMG_1062.jpg


30分後にやってきた「たま電車」で貴志駅に。
s_IMG_1065.jpg
s_IMG_1066.jpg
s_IMG_1067.jpg
s_IMG_1074.jpg
s_IMG_1078.jpg


貴志駅は現在改築中で、8月4日に新駅舎お披露目になる予定で・・・・しかも日曜は駅長さんの公休日(^^;。
乗ってきた電車でそのまま折り返す。
s_IMG_1082.jpg


日前宮で下車していよいよ花山温泉へ向かうが・・・駅前の日前宮にお参り。
参道真っ直ぐ行くと・・・突き当たり(^^;・・・・左側が日前神宮で、右側が国懸神宮。
初めて来たのに既視感があるんですが・・・・恐らく何かのTV番組で見たような記憶があります。
なお、グーグルやYahooのマップでは位置関係の記述が逆になって表示されています。
s_IMG_1085.jpg
s_IMG_1086.jpg
s_IMG_1088.jpg
s_IMG_1089.jpg



参拝を済ませて・・・花山温泉へ徒歩移動・・・凡そ1キロ位かな?。
花山交差点の角にあるマルタカラーメンで昼飯。

もう一歩きで高速の手前が目的地の花山温泉。
落語会を予約すると・・・・入浴料金込みになりますので・・・落語前に入ってみました。
関西最強って触れ込みですが・・・ホントに凄いお湯です。
時間が迫っていたのでそくさくと上がってしまいましたが、1時間ぐらい掛けてゆったり入るべきかも?

落語会の会場は宴会大広間で・・・大変な人数でした。


林家愛染  「軽業」
桂しん吉  「鷺とり」
林家染丸  「黄金の大黒」
 中入り
林家笑丸  「ほうじの茶」
林家花丸  「太鼓の腹」


笑丸さんの「ほうじの茶」は、舞台芸を混ぜるって案配の噺で・・・「鯉津栄之助」とほぼ同じ趣向。
今回は「後ろ紙切り」と言う・・・紙そのものを全然見ないで切るって技を見せて貰いましたが・・・・
ホントに彼の紙切り技は大したものです。
8月に桂文我さん主催で「東の旅」シリーズが一挙上演されるので、「鯉津栄之助」「これこれ博打」が
文我さんならどうなのか?確認したいですね(^^ゞ。


終了後・・・又日前宮駅まで歩いて・・・今度は「いちご電車」に乗って和歌山へ。
s_IMG_1095.jpg
s_IMG_1092.jpg



その後更にラーメン食べるか?思案して・・・・結局ビール飲みながら帰阪する事に(^^;。
和歌山駅西口は商業ビル併設なんですが、3年前と様子が違います(^^ゞ。
調べたらこの春にリニューアルオープンだとのことで、天王寺と同系列だそうです。


【theme : 徒然なるままに…
【genre : ブログ

tag : 落語 電車

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。